男のセルフ脱毛や自宅ケアには限界がある。その理由とは?

脱毛をするということが一般的になってきて、エステサロンやクリニックも増えてきています。また、気軽にできる、簡単にできる、誰でもできるというような謳い文句で家庭でも自分で脱毛が行えるようになってきました。しかしこの家庭で自分で行うという方法はたしかにお手軽さはありますが、危険が多い上にそれほどの効果は発揮できないのです。

ここでは家庭での脱毛方法を紹介するとともに、なぜその方法では効果がないのかということについて述べていきたいと思います。

男のセルフ脱毛は自分ではできないという基本的な理由

まず家庭でできる体毛の処理は、カミソリなどで剃る、毛抜きで抜く、除毛クリームで溶かす、脱色剤などで色素を薄くする、のどれかになります。つまりどれも本格的な永久脱毛ではありません。また、時間が経ったら毛が生えてくるものばかりです。

そもそも永久脱毛というのは脱毛資格を持っている人しか行うことができません。家庭用脱毛器などが本当に永久脱毛できるのであれば、逆に大問題になります。そう考えると真剣に脱毛を考えているのであれば、資格を持っている人がいるエステサロンやクリニックに行くというのが正解ということになります。

ポイント現在、クリニックや脱毛サロン&エステティックサロンで行われている脱毛施術は、レーザー脱毛・ニードル電気脱毛(クリニック)、美容ライト脱毛(フラッシュ&光脱毛)・ワックス脱毛(脱毛サロン&エステサロン)です。この中で永久脱毛に近い効果が得られるのは、ニードル電気脱毛とレーザー脱毛、最新の光脱毛などです。レーザー脱毛とニードル電気脱毛の施術は有資格者(医師&看護師) のみが行えます。

光脱毛&ワックス脱毛に関して資格は必要なく、エステサロンや脱毛サロンでは、自社基準(研修&協会資格)で脱毛施術を行っているサロンが大半です。永久脱毛を望むのであれば、医師&看護士が脱毛施術を行い、レーザー&ニードル電気脱毛の脱毛施術が受けられるクリニックが安全で確実です。

自分でできるメンズ脱毛とそれぞれの問題点

剃る方法

まず一番一般的なのはカミソリでしょうか。これは表面に出てきている毛を剃るものですが、すぐに毛は伸びてきますし、剃った毛の断面積が太くなるために剃る前よりも濃く見えるということがあります。また、肌の保護膜も一緒に削っていってしまいますので、肌が荒れたり黒い色素が付着してとれなくなることがあります。

髭剃りで大活躍の電気シェーバーはカミソリほど肌を傷つけるものではありませんが、やはり毎日すぐに伸びてくるということと、毛が太くなって見えるということは変わりません。強く肌に押しつけて使用していればカミソリと同様に肌を傷つける怖れもあります。

剃る前はヒゲ&肌を蒸らす

ヒゲを剃る前にシェービングフォームやプレシェーブローションを使用する男性が多いと思います。理容店ではヒゲを剃る前に蒸しタオルでヒゲを蒸らしてからカミソリを肌に当てます。これは、カミソリの滑りを良くするのと、お肌を保護する為です。カミソリで髭を剃る方は勿論、電気シェーバーでヒゲを剃る方も、蒸しタオルでヒゲとお肌を蒸らしてからヒゲを剃れば、カミソリ負けや肌トラブルに繋がる可能性を軽減できます。

抜く方法

毛抜きで抜く方法は毛が確実に抜けるという意味では脱毛できているように見えます。しかし毛母細胞まで破壊しているわけではないので、期間をおくとまた生えてきます。そのときに表面の皮膚が塞がっていたりすると毛が埋もれてしまう埋没毛になることがあります。

また、抜いたときの刺激で炎症を起こしたり、毛穴が広がったままになって雑菌が入りやすくなったりもします。毛穴が広がったままになるとイチゴの表面のブツブツのようになってしまうこともあります。

毛全体にワックスを塗って、それが乾いたら一気に引きはがすという方法もあります。まとめて引き抜ける方法ですが、肌への刺激はかなり強烈なものになり、出血したり、肌が真っ赤に腫れたりすることがあります。しかも毛抜きと同様に、期間があくと毛は再生します。

ムダ毛を抜いたら保湿&冷やす

クリニックや脱毛サロンで脱毛施術を受ける場合、脱毛施術前や施術中は脱毛部位を冷やしながら脱毛します。冷却ジェルを脱毛部位に塗布したり、脱毛マシンの脱毛ヘッドに冷却装置が付いていて、お肌を冷やしながら脱毛します。これは、脱毛施術時に毛根を破壊することにより起こる炎症を抑える為です。また、脱毛施術後は、保湿ローションを使いアフターケアします。この保湿&冷やす行為は、クリニックや脱毛サロンでなくとも、ムダ毛処理を自己処理で行う方は必要不可欠になります。特にセルフケアで脱毛する時は、毛穴の中は炎症が起きて熱をもっている状態です。保冷剤や氷などで冷やしてから、保湿ローションなどで必ず保湿しましょう。

溶かす方法

タンパク質でできている毛を溶かす性質のクリームを塗って後で洗い流すという方法です。うまくいけば肌の表面がツルツルになる方法ですが、人間の肌もタンパク質でできているために皮膚炎を起こしたり、かぶれたりする可能性があります。もちろん表面の毛を溶かしただけですので毛は再生してきます。

また、非常にコストパフォーマンスが悪いことも欠点です。一本3000円~4000円ほどしますので、一年で5万円ほどの費用になります。これだけあればエステサロンで部位脱毛を受けることができてしまうのです。

こういった除毛クリームのほかに抑毛クリームというものがありますが、これは継続的に使用することで毛を細く弱らせていくものです。使用効果が出るまでに非常に時間がかかる上に、剛毛で量が多い人には利かないという欠点もあります。

脱色する方法

むだ毛を脱色して金色や薄い茶色などにして、目立ちにくくする方法です。あくまで脱毛ではなく見えにくくしているだけですので、毛はなくなっていません。しかも太陽光を浴びたりすると金色に光って見えることで余計に毛が目立ってしまうことがあります。もちろん脱色剤が肌についたりすると肌荒れにもつながります。

日焼けで脱色&除毛する

日焼け(タンニング)すると黒いムダ毛も茶色や金髪に近づき目立たなくなります。また、紫外線を浴び続けると毛根もダメージを受けて再生能力が弱まり、ムダ毛が細くなったり、生えて来なくなる可能性があります。さらに、タンニング(日焼け)によりワイルドなイメージになり男前が上がるかもしれません。しかし、これには個人差もあり誰もがムダ毛を目立たなくする事が出来る訳ではありません。また、紫外線は毛根より皮膚自体にダメージが残りやすく、シミやシワの原因になります。

男のセルフ脱毛や自宅ケアまとめ

これらのように家庭で自分でできる脱毛は、お気軽にできる分だけ効果が薄く、危険性を秘めていることがわかります。しかも継続的に使用しているとかなりの費用がかかってしまうものもあります。

結局本当に脱毛したいと思うのであれば、メンズ脱毛エステサロンやメンズ脱毛クリニックに行って施術をしてもらうことが安全に確実に脱毛してもらえる一番の方法ではないかと思います。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編あごヒゲ編ほほヒゲ編襟足うなじの毛編顔の産毛編眉毛・眉間の毛編もみあげ編耳毛編鼻毛編背中の毛編胸毛編腹毛・へそ周りの毛編乳首の毛編わき毛編腕毛編手の甲・指の毛編太ももの毛編すね毛編けつ毛(Oライン)編玉袋の陰毛編竿の陰毛編陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!