【セルフメンズ脱毛】毛抜き脱毛クリーム脱毛テープワックスのデメリット

家庭で気軽にできる脱毛として、毛抜きを使った気軽なものや脱毛クリーム、脱毛テープなどの道具を使ったものがあります。こういった脱毛は簡単にできて、安い値段でできるというメリットはありますが、それぞれに問題点や注意しないといけないことがあります。ここではそれぞれの注意点を見ていきたいと思います。

毛抜きでのメンズ脱毛のデメリット

毛抜きでの脱毛は非常に簡単で毛根から抜くことができるために剃るよりもすっきりとして見えます。しかも次の毛が生えてくるまでに時間がかかり、よい方法のように思えます。実際に毛抜きを使っての処理をしている人も多いと思いますが、皮膚のトラブルなどデメリットが多くあるので注意が必要です。何といっても痛みがありますし、一本一本抜くので時間がかかります。

また、毛抜きが清潔でなかったりすると抜いた後に雑菌が入って化膿して炎症を起こします。また、炎症のあとが黒ずんでシミになる可能性もあります。そもそも毛の形は、おたまじゃくしのような形をしています。

皮膚の中に埋もれている部分は毛穴の大きさより大きいのです。それを毛抜きを使って無理やり引き抜くので、脇の下などの皮膚の弱い部分は引っ張られた皮膚が盛り上がり、トリ肌のように毛穴がブツブツしてくることもあります。

毛抜きで抜くのはニキビの原因?

みなさんは、ムダ毛を毛抜きで抜く時に、お肌を蒸らしり冷やしてから抜いていますか?毛抜きで抜いた後は、洗い流したり消毒して、その後に保湿を行っていますか?エステサロンや脱毛サロン&クリニックでは、脱毛施術の時は上記の事を行います。また、脱毛施術に使う脱毛マシンも肌に触れる部分は1回1回消毒して使用します。さらに、ニードル脱毛の場合は、1回使ったニードル(針)は廃棄されます。

男性のみなさんは、鼻毛を1本毛抜きで抜いたらそのまま?という方が大半の筈です。これが、毛嚢炎やニキビ、面疔の原因になってしまいます。毛嚢炎もニキビも毛穴に出来る疾患です。お肌を柔らかくして(蒸らす)、冷やしながら、消毒した機械を使って脱毛しても、毛穴の中は炎症が残ります。

ニキビは面皰(皮脂や汚れ)により毛穴が塞がれて、雑菌や常在菌のアクネ菌が出口を失い、炎症を起こして発症します。毛抜きでムダ毛を抜くと血液や皮脂により、一時的に毛穴が塞がります。毛抜きには雑菌が付いています。毛穴の中は炎症が起きています、洗ったり消毒はしません?みなさんお分かりですね、毛抜きでムダ毛を抜く事は、ニキビに繋がる可能性が高いのです。

ポイント上記でもお分かりのように、毛抜きでムダ毛を抜く事は、ニキビや毛嚢炎といった肌トラブルの原因に繋がります。さらに、女性がよく気にする毛穴トラブルに繋がってしまう可能性も高くなります。ヒゲが生えていない女性でも毛穴開きや毛穴たるみ、といった毛穴トラブルやニキビ跡の凸凹、クレーター肌(毛穴)に悩んでいる方が多いのに、ヒゲが生ええている男性なら、さらに毛穴トラブルやクレーター肌の方が多い筈です。

サメ肌やニキビ跡のクレーター肌は、体質や遺伝の要因も大きいのですが、毛穴トラブルは毛抜きによる自己処理やセルフ脱毛を止めて、専門家に脱毛してもらえばリスクは減らせます。また、エステサロンやクリニックなら、ハンドテクニックを使ったエクストラクションや、美容マシンを使って毛穴トラブルを解決してくれます。

埋没毛に注意!

抜く途中で毛が切れると次の毛が体表に出てくる前に皮膚が回復するので、毛穴の上を皮膚が覆ってしまい、伸びてきた毛は皮膚表面に出られずに内側で渦巻き状に成長するものがあります。

これを埋没毛といいます。無理やり取ろうとして毛抜きでつついたりすると肌を痛めるだけですので注意しましょう。

なお抜いた後の毛根は個々の毛周期に関わらずすべて成長期になります。また、抜くことによって毛根が刺激されて次に生えてくる毛は太くなると言われています。

これは毛を抜いても毛を作る毛乳頭が残っていることによって起こる現象で、これがある限り毛は生えてきます。

メンズ脱毛クリームを使うデメリット

これはクリームを皮膚に塗り、しばらくおいてから拭き取る、あるいは水で流すというものです。毛髪がアルカリに弱い性質を利用してケラチンを溶かし、脱毛する仕組みです。

しかし表面への変化にとまるので、毛根から抜くのではなく見えている部分の除去にとどまります。

塗った後は数分から数十分の放置が必要です。また、成分によっては異臭を放つものがあります。一番の問題は体毛を変化させるものは、やはり皮膚にも何らかの影響があるということです。

人によってはかぶれたりアレルギーを起こすこともあり得ます。使用するときには必ずパッチテスト(体毛の一部分で試し塗りをして影響を確認すること)をするべきです。多くの商品にはそのような注意書きが必ずついています。

また、表示してある規定の時間を守ることは大切です。テレビを見て時間をつぶしているあいだに時間をオーバーして赤く腫れてしまったという人もいます。そして処理後は丁寧に皮膚から落とします。万一毛が残っていても二度塗りはしてはいけません。連続使用の刺激に肌が耐えられません

メンズ脱毛ワックスやメンズ脱毛テープのデメリット

脱毛ワックスは温めたワックス剤を脱毛したい部分に塗り、冷えてから剥がすというものや専用のシートを使うというものが一般的です。毛の流れと逆に一気に剥がすものですので一度に大量に引き抜くことができます。

広い面積を処理できますが、剥がすときには激しい痛みがあります。またワックスを熱くしすぎるとやけどをすることもありますし、剥がすときに皮膚表面の角質まで一緒に剝がれてしまうこともあります。

脱毛テープは粘着性の強いワックスははじめからテープについており、貼って剥がすものです。テープやワックスはある程度毛の流れを無視して引き剥がすものなので、皮膚が弱い人には向きません。血が出ることもありますし、炎症を起こすこともあります。また、物理的刺激が非常に強いものなので、とにかく後のケアが重要になります。

除毛クリームやメンズ脱毛ワックスを使うデメリット

除毛クリームや脱毛ワックスは、ともにお肌に負担がかかるのがデメリットなのは上で紹介しました。さらに、除毛クリームや脱毛ワックスは、経済的にもデメリットになりかねません。脱毛ワックスなら1回の脱毛効果が、ワックス脱毛を行った時点で分かりますが、除毛クリームや抑毛ローションの場合、効果が出るのに時間が掛かり、個人差や部位によっては、効果が出ない場合もあります。

除毛クリームや脱毛ワックスを継続的に使用するのは、お肌に負担をかけ続けます。費用的にも、脱毛効果を考慮すれば脱毛サロンやクリニックで、脱毛施術を受けた方が安く済むかもしれません。さらに、肌トラブルや毛穴トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

セルフメンズ脱毛まとめ

ここで挙げた毛抜きや脱毛クリーム、脱毛ワックスや脱毛テープなどを使った脱毛は家庭でも気軽に安価でできるというメリットがありますが、比較的、強い刺激を与えるものが多く、人によっては炎症を起こしたり出血することもあります。皮膚が弱い人には向いていない方法が多く、また行うときは後で炎症を抑えるクリームを塗るなどのケアをするようにしましょう。


パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編あごヒゲ編ほほヒゲ編襟足うなじの毛編顔の産毛編眉毛・眉間の毛編もみあげ編耳毛編鼻毛編背中の毛編胸毛編腹毛・へそ周りの毛編乳首の毛編わき毛編腕毛編手の甲・指の毛編太ももの毛編すね毛編けつ毛(Oライン)編玉袋の陰毛編竿の陰毛編陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



1 thought on “【セルフメンズ脱毛】毛抜き脱毛クリーム脱毛テープワックスのデメリット”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


error: Content is protected !!