現在の男のヒゲ脱毛の主流「メンズレーザー脱毛」についてプロが解説

メンズ脱毛がどんどん一般的になってきて、むだ毛をしっかりと手入れする男性が増えてきています。自分で行う自信がないという場合は迷わずに専門店に行くという人も多くなっています。医療機関であるクリニックでは主に三種類の方法で脱毛してくれます。「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」です。

メンズ光脱毛は痛くありませんが効果が低めです。メンズニードル脱毛は効果は高いのですが、一本ずつの処置になるので高額になりやすく、激痛を伴います。そこで主流になっているのが、ある程度効果が見込めて、そこまで痛さも伴わないレーザー脱毛です。ここではメンズレーザー脱毛の仕組みと長所・短所について説明します。

ヒゲ脱毛などのメンズレーザー脱毛の仕組み

レーザー光線は、それぞれに反応する色や物質が違います。その性質を利用して脱毛を行っていくのがメンズレーザー脱毛です。メンズ脱毛用のレーザー光線は黒い色に反応するようになっています。毛の中のメラニン色素がそのレーザー光線を吸収して熱が溜められます。そして毛根を熱のエネルギーで破壊して、毛を抜き落していくのです。

レーザー光線は黒い色に反応するために、メラニンがあまり含まれていない産毛を脱毛するには適していません。また、その性質上、白髪に対しては効果がありません。熱を吸収しないためです。また、肌が黒い人や日焼けしすぎている人にも使用できず、乳輪や肌が黒ずんでいるところ、アザになっているところにも使用はできません。

そして毛には毛周期というサイクルがあって、毛が大きく成長していく成長期と、弱って抜け落ちていく休止期があります。このメンズレーザー脱毛は成長期の毛を処理していくものですので、生えている毛すべてに対して効果があるという訳ではありません。

ポイントメンズレーザー脱毛マシンは、開発当初は強力なレーザー波長であるルビーレーザーを使用しておりました。これらの脱毛マシンは、白人の白い肌と金髪や赤毛などの体毛には適していましたが、スパニッシュ系の褐色肌や東洋人の肌色と黒や茶色の体毛には合わず、火傷の事故が多発しました。この為、お肌(毛穴)への吸収率がやや劣るレーザー波長のアレキサンドライトやダイオードレーザーが脱毛マシンには利用されるようになり、現在ではさらに吸収率の低いYAGレーザーもレーザー脱毛マシンに利用されています。

ヒゲ脱毛などメンズレーザー脱毛の使用法

脱毛用のレーザーはそれほど広範囲を一気に処理できるわけではありません。むしろ広範囲を一気にしてしまうと細かい部分の調節ができなかったり、レーザーを照射してはいけない部分にまで照射してしまうからです。一度に照射する範囲は直径でも2センチ以下です。

そのように範囲が狭いレーザーですが、1分間に60~120回連続して照射することができます。そのために施術時間はかなり短縮されています。また、そうしてレーザー脱毛を行った人の約9割の人が脱毛効果を実感しているところから考えても、かなりの効果を発揮できていると言えるでしょう。

ヒゲ脱毛などメンズレーザー&光脱毛マシンの進化

最新のレーザー&光脱毛マシンは、毛根のメラニン色素をターゲットにせず、
バルジ領域という組織にダメージを与えて
脱毛効果を上げている脱毛マシンが増えてきております。このバルジ領域は、毛根より皮膚表面に近いところにある為、従来より低いエネルギー出力で脱毛が可能になります。この為、エステサロンや脱毛サロンで使われているIPL(フラッシュランプ)光脱毛マシンでも高い脱毛効果が得られるようです。

これらの新しい脱毛方式は蓄熱方式といわれ、エステティックサロンや脱毛サロンの光脱毛マシン(美容ライト脱毛)に早くから取り入れられました。現在、大手脱毛サロンでは、この新方式の光脱毛マシンが主流になっております。また、従来から光脱毛(IPL)の方が照射範囲が広く、施術時間は短くてすみました。しかし、新方式の脱毛マシンは、理論的にはレーザー脱毛&光脱毛ともに、毛周期に左右されず脱毛施術が可能になり、サロンやクリニックに通う期間が短縮されると期待されています。

ヒゲ脱毛などメンズレーザー脱毛を受ける際に行う準備

前日までに行う準備

まずクリニックの専門医師にしっかりと相談しなくてはいけません。毛の状態、肌の状態、健康状態などによってはレーザー脱毛は行えない場合があります。すべてはそこから始まります。

そして施術する日が決まったら、本格的に準備をします。まずレーザー脱毛は肌が白いほど効果が上がります。そのために日焼けはしてはいけません。肌が黒いと効果が薄くなってうまく脱毛できないからです。また、日焼けしたばかりで肌が赤くなっている時にはレーザー脱毛自体を行うことができません。日焼けはしないようにしましょう。

毛は短くカットしたり軽く剃っておくほうが良いです。毛が長いほどレーザー脱毛の効果が低くなってしまいますし、時間も必要になります。しかしあまり意地になって深く剃ったりしてはいけません。それによって肌に傷ができたり、肌荒れしたりすると施術ができなくなるからです。

ヒゲ脱毛などメンズ脱毛当日に行う準備

施術当日はできるだけゆったりとした服を着るようにしましょう。あまりピッタリとした服を着ると施術したあとの敏感な肌に服が当たってしまい、刺激を与えてしまいます。また、施術後に塗る保護クリームなどができるだけ服に付かないようにしなくてはいけないからです。

レーザー光線をあてるときの障害になりますので、制汗スプレーや制汗クリーム、消臭スプレーなどを使用することはやめましょう。効果が落ちる原因になります。あとは担当医の指示に従って適切に行動していれば何も問題はありません。

ヒゲ脱毛などのメンズ脱毛の痛みに対する心の準備

レーザー脱毛はニードル電気脱毛やワックス脱毛に比べれば、脱毛施術時の痛みは軽い筈です。しかし、男性のヒゲや男女ともに陰毛(VIO)は、レーザー脱毛でも可也の痛みを伴います。この痛みは、上でも解説していように、光エネルギー(熱)がお肌に吸収される為におこります。これは毛穴単位で火傷を起しているのと同じ状態です。この為に脱毛施術を行う際は、冷却ジェルや冷却装置(冷却ヘッド)を使って施術部位を冷やしながら脱毛する訳です。

しかし、最近の脱毛サロンやエステサロン、脱毛クリニックでは冷却ジェルを使っている所は減ってきています。これは、脱毛マシン自体に冷却ヘッドが付いているのが主要因ですが、上でも紹介したように、吸収率の高い強力な光エネルギーを必要としなくなってきた為に、長時間冷却効果が持続する冷却ジェルの必要性が薄くなった為でもあります。この事からも分かるように現在のレーザー脱毛マシンは、20年前に日本でレーザー脱毛マシンが普及し始めた頃と比べれば、脱毛施術時の痛みはかなり軽減されております。
メンズ脱毛の比較 レーザー脱毛ニードル脱毛光脱毛)

メンズレーザー脱毛に関する解説まとめ

現在主流になっているレーザー脱毛についてわかっていただけたでしょうか?非常に効果が高いこの脱毛法ですが、誰にでも使用できるわけではありません。適していない場合はニードル脱毛をすすめられる場合もあります。まずは担当医としっかりと相談して、使用可能かどうか、どれだけの範囲を行うかなどを決定し、指示にしたがって適切に処置を受けるようにすることが大切です。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編あごヒゲ編ほほヒゲ編襟足うなじの毛編顔の産毛編眉毛・眉間の毛編もみあげ編耳毛編鼻毛編背中の毛編胸毛編腹毛・へそ周りの毛編乳首の毛編わき毛編腕毛編手の甲・指の毛編太ももの毛編すね毛編けつ毛(Oライン)編玉袋の陰毛編竿の陰毛編陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!