これですね毛のもじゃもじゃを解消!バリカンか男のメンズ脱毛か?

夏になれば海では水着で、普段は短パンやハーフパンツでという姿をよく見かけるようになります。そんなときにすね毛は非常に目立ちます。すねの部分にこれでもかというくらい生えていて伸び放題。

まさにもじゃもじゃと表すしかないようなすね毛では女性に嫌がられるかもしれません。ここではサロンなどで脱毛するパターンと家庭で自分で行うパターンを紹介していきます。

また下記の記事を見ていただくと、女性のすね毛に対する印象が良く分かりますので参考にしていただければと思います。

バリカンを使用する方法

とにかくすね毛が濃すぎる、長すぎる、もじゃもじゃなのが気になるという人でも、サロンやクリニックにいきなり行くのはちょっと、という場合があります。そんな人はバリカンで自分で処理するということがあります。これであれば自分で好きな分だけ切ることができる上に、比較的安くできます。

まず充電されたバリカンで行うので、すね毛は乾いた状態で行います。最近は濡れた毛でも刈ることができるバリカンが増えてはきていますが、やはり乾いているほうが刈りやすいし安全です。そもそも濡れているすね毛は肌にへばりついてしまうので刈ることができません。そのために乾いた毛で刈りましょう。

刈り方は髪の毛と同じです。すね毛の毛の向きとは逆に刈っていきます。すくいあげるように刈っていくとうまく刈れます。そして重要なのは毛の長さの調節です。もちろん長すぎたら刈っている意味がありません。しかしいきなり短くしすぎると指で触ってもチクチクしますし、靴下などを履いても短い毛がひっかかって痛い思いをします。

自然にすね毛の量を減らして薄くしたいのであれば5mm前後が良いようです。8mmを超えてくるとやはり長いという感じは否めません。しかし3mmよりも短くしてしまうとチクチクが激しくなります。それよりも短いとなると肌を傷めますし、不自然に仕上がります。

バリカンでの処理のデメリット

家庭で簡単にできるバリカン処理ですが、もちろんメリットがあればデメリットもあります。たとえば、当り前ですがすね毛も伸びてきます。髪の毛と同じように切って短くしただけなので、時間がたてば毛は伸びて、元の通りのもじゃもじゃになります。ある程度定期的に調節しながら刈るということが必要になるのです。

また、あくまでバリカンで刈って短くしただけな事を忘れてはいけません。やはり元からすね毛が薄い人とは違います。よく見れば毛を短くしただけな事はわかりますし、少し経てば毛が伸びてきますので一目瞭然です。

その他のすね毛セルフケア

すね毛のセルフケアの定番はカミソリです。すね毛なら比較的簡単に自分で剃る事が出きます。すね毛が剃り易いように、グリップを持ち易くしたカミソリもあります。バリカンと違い一度カミソリで剃ると頻繁に処理する必要性が出てきます。カミソリは使い慣れてない男性には危険かもしれません?そこでお勧めなのが除毛クリームやワックス脱毛です。除毛クリームなら痛みもなく、塗るだけで今生えているすね毛を簡単に処理できます。ワックス脱毛は痛みを伴いますが、除毛クリームより効果が持続します。デメリットとしては、除毛クリーム、ワックス脱毛ともにお肌と毛穴に負担が掛かります。

すね毛には家庭用脱毛機がおすすめ

家庭用脱毛機には、家庭用レーザーを使った本格的なセルフ脱毛マシンから、ヒートカッターや電動ピンセット形式(回転式)のリムーバーなど、様々なタイプのセルフ脱毛マシンがあります。脱毛サロンやクリニックのような永久脱毛効果は望めませんが、すね毛に使用するのであれば、金額的には電動バリカンとさほど変わらない安価なセルフ脱毛マシンでも、それなりの脱毛効果はある筈です。

ヒートカッターや家庭用レーザーのセルフ脱毛マシンなら、カミソリで剃ったりバリカンで短く刈ったりした時の、チクチクやジョリジョリ感が防げます。さらに、カミソリやバリカンで剃るより簡単で、脱毛効果が持続するので頻繁に処理する手間も省けます。注意点としては、すね毛を自己処理した後は、毛穴&肌トラブルを防ぐ為に、アフターシェーブローションや保湿ローションで保湿を必ず行いましょう。

すね毛を脱毛する方法

少し前まではサロンやクリニックで施術を行うにはかなりの費用がかかっていたために、高いハードルとなっていました。しかし、脱毛が普及していくにつれて相場は下がってきており、施術を受けやすくなってきています。サロンやクリニックによって方法が違いますので、カウンセリングをしたときに細かく説明を受けるようにしましょう。一般的には「レーザー脱毛」「フラッシュ(光)脱毛」「ニードル脱毛」があります。これは他の部位の脱毛とさほど差はありません。

長所や短所がそれぞれにありますので、自分に合った方法を選ぶ必要があります。たとえばフラッシュ脱毛はさほど痛みはありませんが、施術に一番時間がかかります。出力が弱いので長くかかるといったところでしょうか。レーザー脱毛でも医療機関で行われるものは医療機器を使用するために出力が強く、比較的短時間で施術が行われます。そのために多少痛みは強くなります。

ニードル脱毛は針を毛穴に打ち込み電流を流して毛根を破壊する方法です。一番効果が出ますが、当然痛みはかなりのものになります。痛みと期間を考えて選ぶようにしましょう。
もちろんどの方法でも一回施術を受けたらすね毛が一切なくなってツルツルになるなんていうことはありません。どんなに短くても数回は行い、そのたびに毛が薄く少なくなっていくのです。

ポイント現在は、脱毛サロンやクリニックで使用される脱毛マシンは、レーザー&光脱毛と言っても様々なタイプの脱毛方式が採用され、最新型の脱毛マシンが次々に導入されています。代表的な脱毛方式が蓄熱方式(SHR) で、こちらは、レーザー脱毛マシン、光(IPL)脱毛マシン共に多くのクリニックやサロンで導入が進でいます。

さらに、脱毛サロンやエステサロンでは、NPL、E-LIGHT、ハイパースキン脱毛など新方式のマシンが導入されています。これらのマシンの多くは、従来のレーザー光のような強力な光エネルギーを必要としない為、痛みも少なく十分な脱毛効果が得られるようです。すね毛は、比較的脱毛効果の出やすい部位なので、これらの新方式の脱毛マシンで十分対応可能な筈です。

結論

ズボンを脱いだらもじゃもじゃとしたすね毛が出てきて驚かれる。水に濡れると大量の毛がすねに張り付いて気持ち悪い。夏は毛の部分が単純に暑い。すね毛が恥ずかしくてハーフパンツは履けない。すね毛が濃くて悩んでいる人は常にこういったことを考えています。

家庭で自分で行う場合でも、サロンやクリニックで脱毛を行う場合でもそうですが、すね毛の脱毛は一回の施術で終わるものではありません。ある程度の期間をかけて、少しずつ薄く少なくしていくということを念頭に置いて、処置を行っていきましょう。

すね毛に対する女性の意見

30代女性

手足やすね毛が毛深いと汗をかいたときに臭そうな感じがして見ていてとても嫌な感覚に陥ります。逆にすね毛など見える部分がきっちりお手入れされているとそれだけでケアできる人なんだという印象を持ちます。

20代女性

見たくなくても見えるのが不快。テーブルや床にパラっと落ちてたりしてるのもすごく嫌。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編あごヒゲ編ほほヒゲ編襟足うなじの毛編顔の産毛編眉毛・眉間の毛編もみあげ編耳毛編鼻毛編背中の毛編胸毛編腹毛・へそ周りの毛編乳首の毛編わき毛編腕毛編手の甲・指の毛編太ももの毛編すね毛編けつ毛(Oライン)編玉袋の陰毛編竿の陰毛編陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!