女性の嫌悪感99%鼻毛対策!男の鼻毛脱毛方法

顔は男前、髪型も決まっていて服装もスタイリッシュ、すべて完ぺきな男性でも鼻から鼻毛が飛び出ていては全てが台無しです。むしろ笑ってしまいそうになります。しかしこの鼻毛、鏡などを使わなければ自分では見えない毛のために、こういったことは起こってしまいがちなのです。

しっかり手入れをしているはずなのにと落ち込んでしまうこともあるかもしれません。いっそ鼻毛脱毛をしてしまおうと思う人もいるでしょうが、実は安易な鼻毛脱毛は非常に危険な行為なのです。ここでは鼻毛脱毛のやり方とその危険性について述べていきます。

鼻毛脱毛の手段と方法

ワックス脱毛

棒で脱毛用に使うワックスを鼻の中に塗ります。そしてそれが固ったら棒ごと引き抜くという方法です。鼻毛が毛根からすべて引き抜かれるので、長い毛から短い産毛まで根こそぎ引き抜くことができます。しかし、その見た目通り、かなりの激痛を伴います。しかも鼻の中の粘膜をかなり強烈に傷つける恐れもありますので、あまりお勧めはできません。

そもそも、鼻毛は細菌や雑菌、ほこりなどのゴミなどが直接気管に入っていくのを防ぐためにあるものです。それが根こそぎ引き抜かれるので、異物が体内に取り込まれやすくなります。これは専門のサロンなどに行っても同様で、鼻の中の毛を根こそぎ抜いてしまうようなことはしません。鼻の入り口に近い部分だけを脱毛するにとどめているようです。

レーザー脱毛

基本的には他の部位と同じです。レーザーを当てることで毛のメラニン色素を破壊して毛根までダメージを与えていきます。毛根を焼いて施術を行うために、しばらくの間は焼けたにおい、焦げたにおいがするようになります。また、粘膜を傷つけることも十分に考えられるために短い期間に連続して行うことはできません。一度施術をしたら、少し期間を空けて5、6回にわたって施術をしていきます。

ニードル脱毛

鼻の中に機器を挿入して、毛穴に脱毛針を打ち込み、電流を流して脱毛する方法です。鼻の穴の中の毛穴に針を打ち込むので、かなり高度な技術が求められます。また、鼻の粘膜を傷つける可能性が非常に高い方法と言えます。

こまめにカットする

一番ポピュラーな方法です。家庭でされている方も多いでしょう。先が丸くなっている鼻毛専用のハサミを使います。普通のハサミを使うと鼻の中を切ってしまうことがあるので絶対にやめましょう。切る際もあまり根元のギリギリの部分を切ろうとすると粘膜を傷つけますので、少し根元から離れた部分を切ります。

たまに鼻毛を指でつまんで引き抜いている人がいますが、あれは炎症を起こしたり毛穴に雑菌が入りやすくなるためにお勧めはできません。

鼻毛の自己処理には専用アイテム使用

ワックス脱毛は、鼻毛専用の商品が販売されています。ワックスが固まる前に鼻で吸い込むと危険です。鼻毛専用のワックス脱毛キットを使用しましょう。また、鼻毛をカットする時のハサミも刃先の丸い鼻毛専用ハサミや鼻毛専用シェーバーを使用しましょう。毛抜きや指で引張って鼻毛を抜くのはトラブルの元凶です。指で鼻毛を抜くのが癖になっている男性もいるようです?女性にドン引きされてしまいます、絶対に止めましょう。鼻は口と違い閉じたり出来ません、鼻毛がないとダイレクトに雑菌やウィルスが身体に侵入してしまいます。この点からも、鼻毛脱毛を行うクリニックが少ない訳です。

ポイントみなさんは、面疔(めんちょう) をご存知ですか?ご自分の片手の掌で、口と鼻を塞いだ部分に出来るニキビのような出来物を面疔と呼びます。日本では昔から面疔は命に係わる出来物と云われてきました。この面疔は正式には、毛嚢炎(毛包炎) です。命に係わるは大袈裟かもしれませんが?発症原因の菌の種類によっては危険性が高まります。毛嚢炎は、毛穴に菌が入り発症します。脱毛によって毛嚢炎が起こるのは広く知られています。ご自分で鼻毛を抜くと毛穴に雑菌が入り面疔(毛嚢炎)に繋がる可能性がある事は認識しておきましょう。

できれば鼻毛脱毛を行っているメンズ脱毛で

今まで述べてきたように鼻毛脱毛は非常に危険なものです。他の部分よりも「無駄とはいえない」役目が強い上に、鼻の中という処置の難しさ、粘膜が傷つきやすいという悪条件が重なっているからです。

そのために鼻毛脱毛を行っているメンズ脱毛サロンやメンズ脱毛クリニックも比較的少なめです。特にサロンやクリニックでは「むだ毛を処理する」ことを主張しているところが多くあります。先ほど述べたゴミなどを通さない役目の他にも気管内の湿度を調整して乾燥しすぎないようにしたりする保湿機能もあるのが鼻毛です。

このような役目があるために鼻毛は空気が汚い場所、湿度が安定しない場所では伸びるのが早くなるという特性を持っているほどなのです。さらに鼻の穴の中での処置となるので、かなりの技術が要求されます。失敗することは許されないのです。このように「むだ毛とは言えない」「安全面を考慮して」の結果、鼻毛脱毛を扱うメンズ脱毛サロンやメンズ脱毛クリニックは少なくなっているのです。

メンズ脱毛サロンやメンズ脱毛クリニックで鼻毛脱毛するメリット

上でも紹介しているように、鼻毛脱毛を行っているメンズ脱毛クリニックやメンズ脱毛サロンは極少数です。また、鼻毛脱毛を行うクリニックでも、鼻の穴の入り口付近の脱毛のみのようです。これは、鼻毛の必要性と鼻の中の粘膜を傷つける可能性があるからです。この為、鼻毛脱毛を行うクリニックは、鼻全体の脱毛がセットになっているクリニックが多いようです。この点、クリニックで鼻毛&鼻全体の脱毛を行うメリットとしては、鼻や鼻の中は非常にデリケートな部位です。粘膜を傷つけたり、雑菌が入り鼻の中に出来物が出来たりの
トラブルを未然に防ぐ事が最大のメリット
になります。

さらに、鼻の頭の毛穴がブツブツしている通称イチゴ鼻や赤鼻で悩んでいる方もいると思います。これらは、毛穴トラブルや鼻の毛穴から出る皮脂が原因です。鼻の脱毛をすることにより、毛穴が閉じて皮脂の分泌が抑えられると、イチゴ鼻や赤鼻の軽減に繋がります。また、クリニックやサロンでは、鼻のニキビや毛穴トラブルには、エクストラクションという施術や専用のマシンを使用して施術&治療も可能です。

鼻毛対策のまとめ

どうでしたか?鼻毛は他人から見たときに目立つ上に自分ではチェックしにくい場所です。それでいて重要な役目を果たしているために簡単にすべてを脱毛してしまうというわけにもいきません。また、脱毛してくれるサロンやクリニックが少ないという非常に取り扱いが難しい場所なのです。

しかし、放っておくと鼻から鼻毛が飛び出してしまい、どうしても処置したいという人はいると思います。まず簡単なところでは、こまめに鼻毛切りでカットしたり、空気がきれいな場所では鼻毛は伸びにくいという特性があるのを利用して空気清浄機などで空気をきれいに保つという方法があります。

それでは追いつかない、すぐに処置したいという人は鼻毛脱毛を専門に行っているサロンやクリニックに行き、よく施術の説明を受けた上で施術を行ってもらうとよいでしょう。こういった、レーザー脱毛士や認定脱毛士(針脱毛)などの資格を持った人が在籍している医療機関では安心して施術を受けることができるでしょう。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編あごヒゲ編ほほヒゲ編襟足うなじの毛編顔の産毛編眉毛・眉間の毛編もみあげ編耳毛編鼻毛編背中の毛編胸毛編腹毛・へそ周りの毛編乳首の毛編わき毛編腕毛編手の甲・指の毛編太ももの毛編すね毛編けつ毛(Oライン)編玉袋の陰毛編竿の陰毛編陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!