男の白髪をメンズ脱毛やヒゲ脱毛するときに注意したい3つポイント

男性は加齢がすすむと髪の毛が白くなったり、陰毛や髭などにも白髪が混じってきたりします。自分で抜いていくのも大変だし、陰毛を染めるのもうまくいくかどうかわからない。いっそメンズ脱毛してしまうおうかと考えたが、そもそも白髪って脱毛できるのだろうか。そう悩んでいる男性がいます。

はたして白髪の髭や陰毛はメンズ脱毛することができるのでしょうか?できるとすればどういった脱毛法があるのでしょうか?ここでは白髪を脱毛するときに絶対に押さえておかなくてはいけない3つのポイントを述べていきます。

ポイント1、そもそも白髪はメンズ脱毛できるのか

現在、多くのエステサロンやクリニックで行われている脱毛は光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の三種類です。そのうち、光脱毛とレーザー脱毛は黒い色に反応するレーザーを照射して毛のメラニン色素に熱を吸収させ、毛や毛根に熱エネルギーによる打撃を与えて脱毛するものです。

つまり、メラニン色素が薄く、白い毛になっている白髪にはこの脱毛法は使えないということになります。メラニン色素が薄くなる理由は主に遺伝と加齢によるものです。メラニン色素をつくっているメラノサイトという細胞が加齢とともに活動しなくなり、毛が黒くならなくなっているのです。遺伝に関してはメラノサイトが機能しにくくなるということが遺伝するようだと言われています。

また、これは白髪を仮に黒く染めて光脱毛やレーザー脱毛を行っても同じです。毛の中の部分が白いままだったり、根元や毛根近くの毛が白いためにレーザーを照射しても他の黒い毛のように熱を吸収できなかったのです。

ポイント白髪が出来る原因は、主に老化の進行によるところが大きいのですが、個人差も激しく原因も複数あり根本原因の究明には至っていません。薬剤による疾病が原因の場合や、遺伝による若白髪もあります。遺伝によるものはメラニン色素の異常によるもので、白蛇やホワイトタイガーなど、アルビノといわれる動物と原理は同じです。また、疾病による白髪には、美白化粧品の白斑問題で話題になった、白なまず(白斑)の肌から生える体毛は、白髪になる可能性が高くなります。

ヒゲ脱毛・メンズ脱毛できるのはニードル脱毛だけ?

ということは白髪を脱毛できるのはニードル脱毛だけということになります。このニードル脱毛は毛穴に針を打ち込んで電流を流すことで一本ずつ脱毛していく方法です。専門家が目で見て一本ずつの処置をすることになりますので黒い毛でも白い毛でも施術が可能です。

ただしニードル脱毛は電流を流すために火傷をすることもありますし、肌への刺激も強いものになります。そのためにかなりの激痛を伴う脱毛法なのです。陰毛の処理ということはかなりデリケートな部分になりますので、その痛みに耐えることが必要になります。また、料金も高額になってしまうことも理解しておかなければなりません。

白髪もレーザー&光脱毛が可能!?

数年前までは、レーザーを使ったレーザー脱毛、IPLを使った光脱毛&フラッシュ脱毛(美容ライト脱毛)ともに、-光エネルギーを使った脱毛マシンでは白髪は脱毛出来ない-というのが定説でした。これは、上でも説明しているように毛根のメラニン色素を利用して、黒や茶色に反応する光エネルギー(レーザー&IPL)を毛根に照射してダメージを与え、毛根を再生不能にしていた訳です。

今世紀に入り、毛根再生に深く関わる-バルジ領域-という組織が発見されたことにより、毛根を直接光エネルギーで破壊しなくても、育毛のメカニズムは不能になるという説が生れました。バルジ領域は、毛根と皮膚表面の途中にあるので、毛包(毛穴)に光エネルギーを当てれば、-脱毛(育毛不能)が可能-という脱毛マシンが増えてきています。この新しいタイプの脱毛マシンは、直接毛根のメラニン色素にアプローチしておらず白髪も脱毛可能と謳っている脱毛マシンが多くあります。

このタイプの脱毛方式は、光脱毛マシンでは、NPL、SHR、E-LIGHT、ハイパースキン脱毛など、レーザー脱毛マシンでは、蓄熱方式のメディオスターNextProなどがあります。いずれも状来の毛根を破壊するタイプの脱毛マシンより脱毛施術時の痛みは少ないようです。

ポイント2、メンズ脱毛やヒゲ脱毛するなら毛が黒いうちに

一度白髪が出始めると急に増えていく感じがします。もし白髪をニードル脱毛で狙い撃ちにして脱毛したとしても、少し期間があくとまた白髪が生えている、ということもあります。これはクリニックが失敗をしたわけではありません。

毛には毛周期のサイクルがあり、毛が太く長く成長していく成長期と毛が抜けて充電中の休止期の毛があります。成長期の毛を脱毛したとしても、休止期に入っている毛が白髪だった場合はその毛が成長期に入ると白髪が生えてくることになります。そのために白髪がけを脱毛というのは一回すればすべて終わるというものではありません。何度も通うことになります。

ニードル脱毛は費用が高く、しかも痛い脱毛法です。ということは白髪になる前の黒い毛のうちに光脱毛やレーザー脱毛ができるならそうした方が良いということになります。その方が痛くなく、しかも安い料金で行うことができるのです。

ワックス脱毛という選択肢

ヒゲの白髪をツルツルにする永久脱毛を望まなければ、ワックス脱毛や除毛クリーム-という選択肢もあります。産毛のように体毛の薄い女性には、白髪と同じくレーザー&光脱毛では、脱毛効果が上がらない場合があります。女性の場合、腕やスネ毛など産毛のように体毛が薄い方も多いので、ワックス脱毛や除毛クリームで処理している方も多くいます。

また、VIOのようにハイジニーナ脱毛(いわゆるパイパン)は好みではないという方や、デザイン的にビキニラインを残したい方など、ブラジリアンワックスで処理されている方もいます。男性の場合も、本格的に脱毛するとイメージがガラっと変わります。体毛のムダ毛処理程度なら、いきなりレーザー脱毛やニードル脱毛で永久脱毛するより、試しに
ワックス脱毛で自己処理して様子を見て
から、クリニックや脱毛サロンで脱毛施術を受ける方が、後悔はしないはずです。

ポイント3、白髪のメンズ脱毛ヒゲ脱毛を行う際の注意点

これまで述べてきたように白髪脱毛を行うときは主にニードル脱毛で行うことになります。その場合はまず施術前にコーヒーや緑茶などは控えましょう。それらに含まれているカフェインは神経を敏感にするために、より痛く感じてしまうようになります。

また前日、当日は飲酒はしない方が良いです。血行が良くなりすぎるとこれもより強く痛さを感じてしまうだけでなく、肌が赤くなったり、かゆくなったりすることがあります。同じ理由でお風呂に浸かるのも禁止です。湯船に浸かると体中の血流が良くなりますので、施術した部分がひどく腫れたり、かぶれたりしてしまいます。

白髪のメンズ脱毛ヒゲ脱毛に関する結論

男性は頭髪が薄くなったり、髭や陰毛に白い毛が混じっているのを見たときに、自分の老いを痛感すると言われています。頭髪の白髪は白髪染めなどでごまかせますが、髭や陰毛の白髪は自尊心を傷つけてしまうかもしれません。

しかし白髪の脱毛は黒い毛を脱毛するときよりも制限が多くなっています。それを踏まえた上で、メンズ脱毛やヒゲ脱毛するようにしましょう。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編あごヒゲ編ほほヒゲ編襟足うなじの毛編顔の産毛編眉毛・眉間の毛編もみあげ編耳毛編鼻毛編背中の毛編胸毛編腹毛・へそ周りの毛編乳首の毛編わき毛編腕毛編手の甲・指の毛編太ももの毛編すね毛編けつ毛(Oライン)編玉袋の陰毛編竿の陰毛編陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!