男の髭(ヒゲ)を薄くする5つの方法

男性が一番悩んでいる体毛で常に1位になっているのが、「髭(ひげ)」です。腕毛や腋毛、すね毛は服を着れば他人から見えなくなりますが、髭は隠すことができません。

むしろ一番目に入るものでもあります。そこまで他人の目は気にならないという人でも「毎日剃るのが面倒」「もうちょっと薄ければいいな」など髭について考えることは多いようです。

ここでは、髭を薄くすることを目標とした5つの方法を紹介していきます。それぞれに長所と短所がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

これで髭が薄くなる方法を紹介

正しい剃り方で剃る

当り前ことのようですが実は正しい剃り方をしている男性はあまりいないのが現実です。たとえば剃る時間帯ですが、朝起きてすぐに剃るよりも理想は起きてから2~3時間後です。この時間帯に剃るとその日の髭が一番伸びる時期を超えるので、剃ったあと当分の間は濃くなりません。

また、道具にも気を使いましょう。電気シェーバーは安いものから高いものまでピンキリですが、あまり安くて性能の低いものを使うとなかなか綺麗に剃ることができないため、いつまでも剃っていなくてはいけません。そうなると肌にも余分な負担をかけますし、剃り残しも考えられます。カミソリの場合は顔の形に適したもので3枚刃以上のものが良いでしょう。

ただし、これも強く剃りすぎると肌の保護膜まですべて削り取ってしまいます。しっかりとシェービングクリームをつけて、ゆっくり剃りましょう。

適度に日焼けする

少し強引な気はしますが日焼けしてしまうという方法もあります。真っ白な顔に黒い髭だから目立つのです。肌を健康的に日焼けしてしまうことで、黒い髭を目立たなくさせるというものです。とにかくこの方法は健康的に見えることに加えて、太陽光で日焼けすれば費用がかかりません。ただし日焼けしすぎると逆に嫌悪感をもたれたり、仕事に支障が出る場合もありますので、それには注意しましょう。

コンシーラー、男性用ファンデーションを使う

継続的なものではなく、一時的なものにはなりますが化粧品でごまかしてしまうという手もあります。その打ち合わせのときだけ髭が薄く見えればよい、証明写真を撮るときだけ濃く見えなければ良いというものです。最近では男性用のものも多く売っていますが、この方法の最大の注意点は「男性は化粧慣れしていない」ということです。

とにかく一部の人を除いては化粧に慣れていない男性が圧倒的に多いはずです。そんな男性が化粧をするわけですから、「色が合っていない」「塗り方が下手」などが頻繁に起こります。もしこれを行う場合は女性のアドバイスを受けながら行うほうが無難と言えるでしょう。

髭を抜いてしまう

これも強引な方法のようですが、髭を抜いてしまうという方法もあります。抜いてしまうので剃る必要はなくなるのですが、とにかく本数が多い髭です。手間もかかりますし、自分で行うときには抜いた後で起こるトラブルが非常に危険です。

無理に引き抜いているわけですから、肌は荒れますし、そこに雑菌が入れば炎症を起こしたりします。さらに抜いた後に皮膚が塞がってしまい、その中から新たな毛が生えてこようとすると外に出ることができず埋没毛となって残ることもあります。

どうしても抜くという判断をした場合は、サロンやクリニックに行って相談し、専門家のもとで抜く方がよいでしょう。

髭脱毛を行う

少し長期的な目で見るならこれが一番確実な方法と言えます。最近では家庭でできる脱毛方法もありますし、もちろんサロンやクリニックなら専門的な脱毛をしてもらえます。家庭で使える脱毛器ですが、もちろん家庭用の出力が弱いタイプになりますので、完璧な処置はできないかもしれません。それでも使用すればかなり薄くなったという実感は得られるくらいにはなります。

しかし家庭で行う場合でも髭脱毛のときは脱毛クリームなどで脱毛するのは危険です。鼻の下や顎から喉にかけては皮膚が薄く、デリケートになっています。ここに脱毛クリームなどを使用すると肌が荒れたりかぶれたりして、より見た目がひどくなる場合があります。

サロンやクリニックで脱毛する場合は早い人なら2、3回目の施術で効果を実感できるようです。もちろん濃い人は長期間通うことにはなりますが、それだけ効果はあると考えて良いでしょう。

結論

髭が濃いと老けて見られたり、暗い人に思われることもあります。特に就職活動のときなどは若くてフレッシュさを売り出したいものです。そんな場で髭が濃いというのは本人に落ち度はなくても、やはり不利に感じられます。ちょっと髭を薄くしたいと思っている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編/ あごヒゲ編/ ほほヒゲ編/ 襟足うなじの毛編/ 顔の産毛編/ 眉毛・眉間の毛編/ もみあげ編/ 耳毛編/ 鼻毛編/ 背中の毛編/ 胸毛編/ 腹毛・へそ周りの毛編/ 乳首の毛編/ わき毛編/ 腕毛編/ 手の甲・指の毛編/ 太ももの毛編/ すね毛編/ けつ毛(Oライン)編/ 玉袋の陰毛編/ 竿の陰毛編/ 陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめメンズ脱毛ベスト3

No.1 医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

No.2 湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら

No.3 メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!