普通は毛が生えないところに生える多毛症とは、脱毛できる?

体毛の生えるところに硬い毛が異常に多く生えたり、普通は毛が生えないところに生えている場合を多毛症といいます。多毛は大きく二種類に分類され、無性毛型多毛症を「ハイパートリコーシス」、女性に多く見られる男性化型多毛症を「ハーシュティズム」といいます。

実際にはこの二つが混在する場合もあります。硬く濃い毛が生えてきたり、普通は生えない場所に毛が生えてくるために脱毛との関係性も非常に高い症状と言えます。

無性毛型多毛症とは

局所性無性毛型多毛症とは

先天性のものは、若年のうちから硬毛が生えてきたり、通常は見られない部位に生えているものです。アザの上に密生するものもあります。

後天性のものは、何らかの刺激により発毛するものです。圧迫・摩擦・温熱・剃毛・ステロイドや男性ホルモンの外用・紫外線・赤外線などの影響により局部的に硬毛になることがあります。通常は一過性のものです。また、拒食・栄養不足により栄養バランスが崩れて発症することもあります。

全身性無性毛型多毛症とは

先天的なものは、生まれつき毛深く幼児期から全身的に硬毛でおおわれていくもので、生毛の長さは数センチに達します。胎生期に生えた産毛がそのまま発育して硬毛となった場合がほとんどですが、この症状は極めて稀です。

後天的なものは何らかの発症(おもに悪性腫瘍)に伴って多毛になるもので、腫瘍の切除によって回復していきます。

男性化型多毛症とは

これは男性ホルモンの一種であるテストステロンの過剰分泌が主原因です。男性の場合は髭などが特に太く濃くなったりするために、もともと毛深い人にとってはかなり対応を迫られる状況になります。
女性の場合は副腎と卵巣で男性ホルモンが作られますが、そこでの生成機能が正常に働かなくなると分泌過剰になります。男性も女性もホルモンバランスが崩れると多毛症の他にも健康面にとって悪い症状がでることもあるので注意が必要です。

これによって筋肉量が増加してがっちりした体型になったり、皮膚の滑らかさが低下してざらざらした皮膚になることもあります。この症状も白人に非常に多く、約30%の女性に見られます。南ヨーロッパに多く、北ヨーロッパには少ない傾向があります。アジアの民族には比較的少ない症状です。

先天的多毛症には脱毛施術が有効

先天的な多毛症は遺伝が原因です。ムダ毛やヒゲが濃くて悩んでいる男性であれば、クリニックや脱毛サロンで脱毛すれば解決脱毛料金も明確になっております。また、ムダ毛を薄くしたいのであれば、エステサロンや脱毛サロンで行う光脱毛(美容ライト脱毛)や自己処理でも安価に脱毛できます。ハゲの場合はかつらを被る以外は、育毛&発毛ともに効果と施術料金が不明確なのが現状です。

多毛症の原因とは

多毛症の症状は様々ですが、多くは毛の成長を促すテストステロンやそのほかの男性ホルモンの増加(分泌過剰)が原因となります。まれに男性ホルモンの過剰が見られないのに多毛になる例もありますが、毛根が男性ホルモンに過敏に反応するタイプであると考えられます。

多毛は遺伝や体質によるものがもっとも多いようです。両親か親類、祖先に毛深い人がいると、その体質が子孫に受け継がれることもあります。親類には見当たらないという人でも、生まれる前の先祖に毛深い人がいたかもしれません。しかし日本人は人種的には多毛の発生率は低いほうです。白人は三人に一人が多毛という調査もあります。

多毛症の治療のしかた

多毛症には一般的に次のような治療法があります。まず病的な多毛はその原因疾患を取り除かなくてはいけません。一番多いのはホルモン投与による治療で、女性ホルモンを投与してホルモンバランスを正常に近づけていく治療法です。

アザの部分に多毛症を併発している場合もあります。脱毛と脱色が必要になります。卵巣や副腎に異常がある場合は外科的手術などでこれを切除します。また分泌異常の原因が特定できる場合、例えば栄養失調が原因である場合にはまず栄養補給に治療の主眼を置くなどの対応した処置を取ります。

ただし、こういった処置はすぐに結果が出るものではない場合もあります。いずれも精神的な苦痛をすみやかに解消したい場合、もしくはその方が適切であると判断された場合などは脱毛という処置も考慮に入れていくべきなのです。

後天的多毛症は専門医に相談

多毛症の多くは遺伝によるものです。元々毛深い方が多少ムダ毛が増えたり、濃くなった程度なら問題ありませんが?元々体毛が少なかった方の産毛が急に太くなり剛毛になった!-今までムダ毛が生えていな部位に急に生えてきた!という方は、ホルモンバランスが影響している可能性が大です。

ホルモン分泌量の異常が起こっているかもしれません?また、何らかの疾病の可能性もあります。ホルモン関係は、美容外科や皮膚科とセクションが異なります。上記のように急にムダ毛が増えて来た!と思ったら専門医に相談しましょう。

ポイント現在は、脱毛施術にも沢山の脱毛方式があり、光エネルギーを使ったレーザー&光脱毛でも数種類あります。ムダ毛を永久的に無くすニードル電気脱脱毛から薄く減らす光脱毛や、ひと夏だけパートタイム的にムダ毛を処理するワックス脱毛まで、エステサロンや脱毛サロン&クリニックでは、様々な方法があります。現在、光エネルギーを使った脱毛方式の代表的なものとしては、

レーザー&IPL光脱毛(フラッシュ脱毛)・日本では今世紀に入り、ニードル脱毛に変わり主流になった脱毛方式で、現在多くの脱毛サロンやクリニックで行われている方式です。レーザー光やIPL(フラッシュランプ)を複数の毛穴に向かって照射して、毛乳頭にダメージを与え毛根の再生を止めて脱毛します。脱毛時に可也の痛みを伴います。

NPL、SHR(蓄熱方式)・こちらもIPLやレーザーなど光エネルギーを利用します。しかし、従来のように、毛乳頭や毛根に照射するのではなく、毛根と皮膚の間にある、立毛筋と繋がったバルジ領域をターゲットに、IPLやレーザーを照射します。皮膚の状態や毛周期に左右される事なく脱毛できるので、産毛や白髪、日焼け跡、アザの上に生えている毛にも照射可能です。従来のレーザー脱毛より脱毛時の痛みは軽減されています。

ハイパースキン脱毛&発毛予防脱毛法・ムダ毛の成長因子をターゲットにする施術法で発毛を抑制す方式です。多毛症の方でムダ毛を薄くしたいという方に適した施術になります。従来の光エネルギーを使った脱毛方式と違い、毛周期の休止期にアプローチして、次に生えてくる毛の抑制を図る方式です。この為、強力な光エネルギーを必要とせず、施術時の痛みは殆どありません。

結論

多毛症はいきなり健康面が大きく害されるというものではありませんが、もともとの毛が硬くなったり、普通は生えない場所に毛が生えたりするため、毛の処置に悩んでいる人にとっては非常に厄介な症状と言えます。

それぞれの多毛症の原因にあった処置をしていくことが重要ですが、すぐに効果が出ないものもあるために、脱毛をするという手段が有効的になるのです。まずは自分が多毛症であると感じた場合は専門の医師に診察を受けることが確実です。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編/ あごヒゲ編/ ほほヒゲ編/ 襟足うなじの毛編/ 顔の産毛編/ 眉毛・眉間の毛編/ もみあげ編/ 耳毛編/ 鼻毛編/ 背中の毛編/ 胸毛編/ 腹毛・へそ周りの毛編/ 乳首の毛編/ わき毛編/ 腕毛編/ 手の甲・指の毛編/ 太ももの毛編/ すね毛編/ けつ毛(Oライン)編/ 玉袋の陰毛編/ 竿の陰毛編/ 陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!