ヒゲ脱毛やメンズ脱毛の痛さを極力減らす5つの方法とは?

毛深いのが気になって仕方がないので脱毛をしたいと思った。しかし色々なことが不安になる。そういった状態になってしまう男性がいます。料金は?期間は?そういった疑問の他によく言われているのが「痛さ」です。脱毛はしてみたいけど痛いのは嫌だ。痛いのは苦手、という男性のために「痛さを軽減する5つの方法」について述べていきたいと思います。

メンズ脱毛の方法は光脱毛だと痛さはマシ

エステサロンやクリニックでは主に三種類の脱毛法で脱毛をしています。光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛です。光脱毛は光を照射して毛のメラニン色素に熱を吸収させて毛や毛根を脱毛していくものです。レーザー脱毛は出力が強くなり、脱毛効果が上がります。ニードル脱毛は毛穴に針を打ち込んで電流を流して脱毛する方法です。

この3つの方法ですが、光脱毛<レーザー脱毛<ニードル脱毛の順番に「料金」「脱毛効果」「痛さ」が上がっていきます。そのために痛さを軽減しようと思うと光脱毛を選択すれば良いということになります。特に新しい機器はどんどん痛さを軽減するものが出来てきています。こういった機器を使用しているエステサロンを選ぶのが良いでしょう。

メンズ光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の比較

ポイントヒゲ脱毛・メンズ脱毛する時の痛さは脱毛する部位によって違ってきます。また、脱毛方式や脱毛マシンの性能、個人差によっても痛さの度合いが違ってきます。試しに頭髪と陰毛(VIO)を1本づつ抜いてみれば、痛さの違いが実感できると思います。頭髪は女性ホルモンの影響下にあるので、毛自体も細く1本抜いただけではそれ程痛みを感じないはずです。しかし、陰毛や男性のヒゲは、男性ホルモンの影響を受けており、毛自体が太く毛根も根深い為、1本抜いただけでも、可也の痛みを感じます。また、陰毛(VIO)は、粘膜の周辺に生えておりデリケートな部分ですので、さらに敏感に痛みを感じてしまいます。

ヒゲ脱毛・メンズ脱毛の前に体調を整える

施術の前日から睡眠不足だったり、疲労がたまっているような状態のときは特に痛さは強く感じるようです。風邪気味などのときも施術は避けましょう。また、飲酒などを前日にして二日酔いの状態で施術を受けると血行が良くなっていることや神経が過敏になっていることもあって、より痛く感じてしまいます。まずは体調を整えていきましょう。

また、コーヒーや緑茶などでカフェインを摂取するのも痛さを増してしまいます。こういったものは神経を過敏にしますので、施術の数日前からは控えるようにしましょう。

ヒゲ脱毛・メンズ脱毛後は乾燥はさせずに冷やしていく

肌が乾燥しているとより痛く感じてしまいます。施術する場所は十分に保湿した状態を保ち、乾燥してガサガサな肌にならないようにしましょう。保湿クリームなどを使用するのも良いことです。

また、施術後はどうしても肌がヒリヒリしたり、肌が火照ったりします。保冷剤や冷却シートなどで冷やして鎮静することで、肌の回復も早まっていきますし、痛みも軽減されていきます。これは施術前も同様で、冷やしてから施術を行うことで痛みを和らげていくことができるのです。こういったことは専門スタッフが指示してくれますので、できるだけ素直に従いましょう。

ヒゲ脱毛・メンズ脱毛施術後は必ず保湿!

クリニックやサロンでは、脱毛施術後はアフターケアとして保湿ローションを使い脱毛部分を保湿します。これは、光エネルギーを使ったレーザー&光脱毛、ニードル脱毛、毛抜きを使った自己処理の脱毛にしろ、すべて毛穴とお肌にダメージが残り炎症が起こる為です。特に光エネルギーを使用するレーザー&光脱毛は、原理は熱で毛根を焼き切るのと同じ状態です。

子供の頃、理科の実験で黒い紙に虫眼鏡で太陽光を当て、黒い紙が燃える実験を思い浮かべて下さい。レーザー&光脱毛は毛根の黒や茶色といったメラニン色素を利用して毛根を破壊します。脱毛後はお肌の表面に変化がなくとも、毛穴の中は相当のダメージを受けているのです。皮膚の表面にダメージがなくても、女性が紫外線からお肌を守る為に、UVケアと保湿を怠らないのはこの為です。

ヒゲ脱毛・メンズ脱毛後は掻かない擦らないできるだけ触れない

施術をした部分は非常に肌が敏感になっています。まず間違いなく赤く腫れていたりもするでしょう。人によっては痒みを感じるかもしれません。しかし痒いからと言って施術した部位を掻いたり擦ったりすると肌荒れがその分だけひどくなり、余計に痒くなったり痛くなったりします。

掻きたい気持ちはわかりますが、それは絶対に我慢して医師の指示通りにしましょう。おそらく鎮痛剤や鎮静剤が処方されていると思いますので、それを服用して静かに過ごしましょう。活動的に動いてしまうと血流が良くなってしまうために痛さが増してしまうからです。おとなしくしているのが一番ということです。

ヒゲ脱毛・メンズ脱毛 施術前も施術後も日焼けしない

まずそもそも日焼けしすぎている人は光脱毛を受けることはできません。光脱毛やレーザー脱毛は黒い毛と白い肌の差を利用して行うものです。肌が黒ければ施術を受けることができないのです。日焼けして肌が赤くなっていたり、黒い肌の人に光脱毛を行うと肌のヒリヒリ感が強くなって、しかも脱毛効果は落ちてしまいます。施術すると決めたら徹底して日焼けをしないようにしてください。

また、施術した後で肌が弱くなっているときに日焼けをしてしまうと、シミになったり黒ずんでしまうことがあります。もちろん肌のヒリヒリ感は普通に日焼けしたときよりもかなり激しいものになります。施術した部位は服を着たりマスクを着用したりすることで直接日光に当てないようにしましょう。

痛さを軽減するには部位よって脱毛方式を変える

上記でも紹介したように、脱毛は施術部位や脱毛マシンの性能に左右されます。ここで厄介なのが、痛みが出やすい部分(ヒゲやVIO)程、脱毛効果が出にくく高性能の脱毛マシンと脱毛方式(痛みが強い)が必要になる点です。現在、脱毛方式として一番効果が高いのは、ニードル電気脱毛です。俗にいう永久脱毛が出来るのは、実質ニードル電気脱毛だけです。また、痛みが少ないのは、光エネルギーの出力が弱い美容ライト脱毛(フラッシュ&光脱毛)です。

ヒゲやVIOは、ある程度の痛みを覚悟してレーザー脱毛かニードル電気脱毛を選択して、他の体毛は痛みの少ない美容ライト脱毛(光脱毛)を選択するのが、確実な脱毛効果に繋がります。また、体毛やヒゲが薄い方は、全身すべて美容ライト脱毛(光脱毛)でも、それ程痛みを感じる事なく脱毛効果が得られるかもしれません。しかし、ヒゲや体毛が薄過ぎる方は、光エネルギーが分散されてしまい、レーザー&光脱毛では効果が得られない可能性もあります。痛みだけに囚われず、ご自分の毛質や脱毛部位に合わせた脱毛マシンや脱毛方式を、専門家(医師やカウンセラー)と相談しながら選択しましょう。

ヒゲ脱毛・メンズ脱毛の痛みを軽減する方法まとめ

どうしても施術時に少しは痛さを感じることはあるかもしれません。しかし施術前や施術後にこの5つのポイントで記したようなことを注意していけば、かなり痛さを軽減することができるのです。すぐにできること、ちょっとしたこと、医師の指示を聞けばいいこと、など簡単なことばかりですので、脱毛したいけど痛いのは嫌だ、という人はぜひ試してみてください。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編/ あごヒゲ編/ ほほヒゲ編/ 襟足うなじの毛編/ 顔の産毛編/ 眉毛・眉間の毛編/ もみあげ編/ 耳毛編/ 鼻毛編/ 背中の毛編/ 胸毛編/ 腹毛・へそ周りの毛編/ 乳首の毛編/ わき毛編/ 腕毛編/ 手の甲・指の毛編/ 太ももの毛編/ すね毛編/ けつ毛(Oライン)編/ 玉袋の陰毛編/ 竿の陰毛編/ 陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

No.1 医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

No.2 メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

No.3 湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!