ヒゲのカミソリ負けはなぜ起こる?その理由と4つの基礎対策 

ヒゲのカミソリ負け自分は電気シェーバーではなく、カミソリ派だ。という男性でもカミソリ負けしてしまうことがあります。このカミソリ負けはどうして起こってしまうのでしょうか?また、これが起こることによってどのようなマイナス面があるのでしょうか?ここではカミソリ負けが起こる理由と起こりにくくする方法を伝えていきたいと思います。

ヒゲのカミソリ負けとはどのようなものか

ヒゲ カミソリ負けカミソリ負けとは、髭や腕毛、すね毛などを剃ったときに肌がヒリヒリと痛む、赤くなることを言います。これはカミソリで髭などを剃っている際に毛だけでなく肌の保護膜も一緒に削り取っているために起こるものです。一般的には何度もカミソリを当てたり、深く刃を押しつけて剃ったりするとなりやすいようです。

特に肌が弱い人はなりやすいために注意が必要です。肌が弱い人はカミソリ負けをして肌が真っ赤になってヒリヒリと痛んだり、白いニキビのような吹き出物が出てきたりします。その吹き出物が治らないうちにまたカミソリを使用すると吹き出物が潰れて出血したり、肌が余計に荒れていく原因になります。

どのような人はカミソリ負けに注意が必要か

ヒゲ カミソリ負け肌が弱い他にも、髭が濃い人はカミソリ負けしがちです。やはり量が多いために何度もカミソリを当てるために肌がどんどん削られていくのです。しかも刃を押しつけて綺麗に剃ろうとするために肌の保護膜は常にボロボロです。何度も押しつけて剃る行為は絶対に避けましょう。

正しい剃り方で剃っていない人も危険です。カミソリの剃り方を正しく学んだという人はほとんどいないと思います。自己流で剃っていたり、なんとなく使っていたりすると思います。どんな道具でもそうですが、間違えた使用法で使用していると失敗してしまうものです。このカミソリ負けも正しく使用していない、正しい方法で行っていないためになっていると考えられるのです。

髭がカミソリ負けの原因「保護膜の重要性」

人間の皮膚全体は、上記で紹介したように保護膜(皮脂膜)で覆われています。この保護膜は、毛穴から出る皮脂によって作られます。この皮脂が車のワックスのように、皮膚全体をコーティングして外界からの異物の侵入を防ぐバリア機能を果たしています。

また、反対に身体の中から水分や美肌成分が体外に流れ出さないようにガードする保護膜の役目も果たしています。男性の髭剃りは、毎日この保護膜を削り取る行為です。髭部分のお肌は毎日、無防備な状態になっているのです。シェービング後はアフターシェーブローションやに乳液を使い保湿して保護膜再生を心掛けましょう。

では正しい剃り方とはどのようなものか

髭がカミソリ負けするなら水分をじゅうぶんに与えて行う

何もつけていない乾いた状態の髭にいきなりカミソリを当てて剃ろうとしても、まったくうまく剃れません。髭が硬い上に刃が滑らないので、ただカミソリで髭をひっかいているような感じになるのです。また、肌も乾燥しているので傷つきやすくなっています。カミソリ負けしないためにはまず、水分を含ませることが重要なのです。

髭がカミソリ負けするなら蒸しタオルで髭と肌を蒸らす

理髪店で髭を剃ってもらう時は、蒸しタオルを肌に当て髭を蒸らしてからシェービングしますね。これは、髭と肌に水分を吸収させて、滑りを良くして髭を剃りやすくすると共に、お肌を保護する為でもあるのです。男性は髭が生えているのであまり気づきませんが?顔の皮膚はデリケートです。

エステサロンでフェイシャルマッサージをする時は、お肌を守る為にマッサージ中は、スチームをお肌に当てながらマッサージします。肌をさするマッサージでもスチームを当て蒸らしながら行う程デリケートな顔のお肌、カミソリを当てるシェービングは、お肌を傷つける行為に近いものがあります。シェービング前は、蒸しタオルで髭とお肌を蒸らしてからカミソリ&シェーバーを使いましょう。

ポイント蒸しタオルは、タオルを水に濡らし軽く絞り電子レンジ(600W)で 40秒温めてから、髭を包み3分間顔にのせます。時間がない方は、タオルをお湯に浸し、軽く絞って1分間顔にのせるだけでもカミソリ負けから肌を守り、お肌の保護に繋がります。

髭がカミソリ負けするならシェービングクリームやシェービングジェルを使う

理髪店で髭やアゴ、アゴ下などを剃ってもらうときに泡をいっぱい塗ってから剃っているのと同じ原理です。クリームであれば、しっかりと泡立てて使用することで、肌を傷つけずに刃を滑らせていくことができます。またシェービングジェルも同様です。こちらはぬるぬるとしているジェルを塗ることで刃が毛にだけ引っかかるような状態にして剃ることができるものです。どちらもカミソリ負けしないためには必要な道具です。

髭がカミソリ負けするなら毛の向きに逆らわないように剃る

ヒゲ カミソリ負けカミソリで剃るときに肌に必要以上に刺激を与えてしまうためにカミソリ負けは起こります。それが起こらないようにするには、毛が生えている向きに沿ってカミソリの刃を当てていけばよいのです。そうすれば自然に剃ることができる上に肌に傷もつけにくくなります。

あえて逆の向きに剃る「逆剃り」もすることはあるのですが、これは基本的にはしないほうが良いです。たしかに毛の向きに逆らって剃っているので、引っかかりも強く、よく剃れているという感触があると思います。しかし抵抗が強いということはそれだけ肌に与えるダメージを強いということになります。普通の向きに剃っていてはどうしても剃れないという毛があるときだけの手段と言えるかもしれません。

髭がカミソリ負けする方は電気シェーバーがおすすめ

ヒゲ カミソリ負けカミソリ負けする方は髭の濃い方や敏感肌、T字カミソリを使う方に多いようです。シェーバーの種類選択は好みにもよりますが、髭の濃い方は深剃りが出来る為にT字カミソリを使っていると思います。T字カミソリで理髪店のような深剃りが出来ていますか?深剃りしようとしてカミソリ負けを起していませんか?

理髪店のカミソリは1枚刃で刃の面積も広く、理容師の技術で1度に深剃りが可能です。T字カミソリは複数枚の刃で同じ部分を何度も剃る為にカミソリ負けが起こってしまうのです。現在の電気シェーバーは上位機種であれば、T字カミソリ並みに深剃りが可能です。肌に優しいのは当然!直接お肌に刃が当たらない電気シェーバーに軍配が上がります。

力を入れすぎない、何度も剃らない

なかなか剃れないからといって、力を入れて刃を押しつけて剃ったりしてはいけません。それだけ肌の保護膜を削っているということになるのです。実際は軽く刃を肌に当てたら力を入れる必要はありません。そっと肌の形に沿って流していくだけで良いのです。

また、一番やってはいけないことは「何度も剃る」ということです。剃り残しがあるからといって刃を何度も何度も当てたりするとそれこそ肌は真っ赤っかになって傷だらけになります。髭を剃る回数、カミソリを当てる回数を減らすことがカミソリ負けしない一番の方法なのです。

ヒゲのカミソリ負けに関する結論

そうは言っても髭が濃いから仕方ないだろうと言われるかもしれません。どうしても自分で毎日剃ってカミソリ負けしているようであれば、エステサロンやクリニックで髭脱毛をするのが安全で確実な手段です。毎日の苦労から解き放たれて、肌をカミソリで傷つけることもなくなります。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編/ あごヒゲ編/ ほほヒゲ編/ 襟足うなじの毛編/ 顔の産毛編/ 眉毛・眉間の毛編/ もみあげ編/ 耳毛編/ 鼻毛編/ 背中の毛編/ 胸毛編/ 腹毛・へそ周りの毛編/ 乳首の毛編/ わき毛編/ 腕毛編/ 手の甲・指の毛編/ 太ももの毛編/ すね毛編/ けつ毛(Oライン)編/ 玉袋の陰毛編/ 竿の陰毛編/ 陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

No.1 医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

No.2 メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

No.3 湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!