日焼け・タトゥー刺青がヒゲ脱毛・メンズ脱毛しにくい理由とは?

毛深いことが気になるのでヒゲ脱毛やメンズ脱毛しようと思ってエステサロンやクリニックに行ったら、できないと言って断られた。なぜそんなことが起こってしまったのでしょうか?実はエステサロンやクリニックで行っている光脱毛やレーザー脱毛は誰もが受けられるわけではありません。条件によっては行うことができないのです。非常に日焼けして肌が真っ黒な人や、色の濃い刺青やタトゥーを広範囲に入れている人がそれにあたります。

ここでは、光脱毛やレーザー脱毛の原理と、それらがなぜ日焼けしている人や刺青がある人にできないのかについて述べていきたいと思います。

メンズ脱毛の光脱毛やレーザー脱毛の仕組み

エステサロンやクリニックでは主に3つの脱毛方法で脱毛を行っています。光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つです。そのうち日焼けしている人や刺青をしている人は光脱毛とレーザー脱毛を受けることができません。後に述べますがニードル脱毛であれば受けることができます。

この光脱毛とレーザー脱毛の2つの脱毛は特定の色や物に反応する光線を出します。脱毛を行う場合は黒い色に反応する光線です。この光が毛や毛根の中のメラニン色素に吸収され、熱を与えるのです。そしてある程度熱量が溜まると毛根に大きな打撃を与えて脱毛を行うのです。そのために毛が白い、つまり白髪には使用できません。

最新のレーザー&光脱毛マシンはバルジ領域がターゲット

従来のレーザーやIPLを使ったレーザー&光脱毛マシンは、上で紹介しているように黒や茶色のメラニン色素の反応を利用して、毛根にダメージを与えて脱毛していました。しかし、最新の脱毛マシンは、毛根とは別の組織で育毛に重要な関わりを持つバルジ領域に向かって、光エネルギーを照射すれば育毛がストップして脱毛が可能とい説にも基づき、脱毛マシンが開発されております。

このバルジ領域は、皮膚表面と毛根の途中にあるので、毛根を破壊するような強力な光エネルギーを必要とせず、毛根のメラニン色素の反応に左右される事なく脱毛効果が得られます。理論的には毛周期に関係なく脱毛効果が得られる、画期的な脱毛方式と言われております。

この最新方式の脱毛マシンは、毛包(毛穴)全体に光エネルギーを当てるので、従来より弱いエネルギー出力で脱毛可能になり痛みが軽減され、白髪や日焼け跡も脱毛可能という脱毛マシンもあります。しかし、タトゥー&刺青や極端な日焼け跡は、火傷の可能性がありますので、現時点ではタトゥー&刺青が脱毛可能なレーザー&光脱毛マシンは皆無のようです。

日焼けしている人が光脱毛やレーザー脱毛を受けられないのは?

日焼けしているということは肌が黒くなっているということになります。光脱毛とレーザー脱毛は白い肌と黒い毛の差を利用して行うものですので、肌が黒いとこの前提が崩れます。照射された光が毛だけでなく肌にも吸収されて熱を与えるために黒い肌だと火傷してしまうのです。

同じ理由でアザやホクロの部分にも照射できません。また日焼けしたてで肌が赤くなっている場合も施術は受けられません。こういった肌の状態であればもちろん施術前に止められますし、無理に行うと肌が赤く腫れたり、ただれたようになったりしていまいます。

ポイント上記でも紹介しているようにレーザー&光脱毛(美容ライト脱毛) には、様々な脱毛方式や脱毛マシンが存在します。刺青箇所を永久脱毛のようにツルツルでムダ毛処理が必要なくなるような、脱毛効果を望まなければニードル電気脱毛以外にも脱毛マシンによる施術は可能です(蓄熱式光脱毛マシンなど)。光エネルギーを使った美容マシンは日進月歩に進化しております。

刺青や日焼け跡など特別な脱毛施術を受ける場合には、様々な脱毛方式のマシンや最先端の美容マシンを数多く設置していて、ニードル電気脱毛も施術可能な、有名美容クリニックや脱毛クリニックで脱毛施術を受ける方が、有資格者の医師や看護師が脱毛施術を行うので安全で確実です。さらに、クリニックでは刺青や日焼け箇所を避けて脱毛したり、レーザー光の種類選択(マシン選択)、エネルギー出力の調整など、柔軟に対応してもらえます。

刺青やタトゥーがあると光脱毛やレーザー脱毛を受けられないのは?

刺青やタトゥーも同じことです。その部分は肌に色がついていますので、そこに光が照射されると反応して熱を吸収してしまいます。そうすると火傷を起こしたり、刺青やタトゥーの色が薄くなったりしてしまうのです。そのために刺青やタトゥーがある人は光脱毛とレーザー脱毛は受けることができないのです。

もし無理に施術をして刺青の形や色に変化を及ぼしてしまうとサロンやクリニックの責任問題になります。日焼けの場合もそうですが、サロンやクリニックとしてもそういったリスクを負いたくはありません。そのために日焼けしている人や刺青がある人の場合は施術を断るということがあるのです。

メンズ脱毛の比較 レーザー脱毛ニードル脱毛光脱毛)

日焼けしていたり刺青を入れている人のメンズ脱毛法

では日焼けしている人や刺青やタトゥーがある人は脱毛できないのでしょうか?ここで出てくるのがニードル脱毛です。100年以上前から行われているこの脱毛法は毛穴に針を打ち込んで電流を流して脱毛する方法です。肌に光を当てることなく一本ずつ処理していくために日焼けしている人や刺青がある人、また白髪にも使用することができます。

これですべて解決したようにも思えますが、ニードル脱毛にはいくつかの弱点があります。
まず光脱毛やレーザー脱毛と比べてかなり高額になります。これは一本ずつ処置しないといけないために手間や時間がかかり、しかも高度な技術が必要になるためです。一番安くできる光脱毛と比べるとかなりの差になっています。

また、ニードル脱毛はその処置の仕方からもわかる通り、かなりの激痛を伴います。肌への刺激も強いためにそれに耐えられない人には向いていません。その代わりに脱毛効果は他の2つよりも高いために、一度脱毛してしまえば当分の間は毛について悩まなくても良いでしょう。

日焼けしていたり刺青を入れている人のセルフ脱毛

日焼けや刺青を入れている方の脱毛箇所は、腕や背中といった上半身の体毛がメインと思われます。脱毛部位としては、日焼けや刺青を入れてなければ顔以外の上半身の体毛は脱毛効果が得られやすい部位です。セルフ脱毛としては、シェーバーやカミソリ、ワックス脱毛で自己処理が簡単に行えます。

除毛クリームやや抑毛ローションの中には、毛穴に入り込んでお肌に刺激を与える成分が配合されているものもあり、日焼け直後の使用は控えた方が無難です。さらに、刺青やタトゥーに関しても、配合成分により変色に繋がる可能性があります。また、自己処理が面倒という方は、エステサロンなどでワックス脱毛という選択肢もあります。

日焼け・タトゥー刺青でのヒゲ脱毛・メンズ脱毛に関する結論

このように日焼けしている人や刺青・タトゥーがある人は、完全に脱毛処置を受けることができない、とまでは言い切れません。しかし、脱毛方法はかなり限定されることは間違いありません。光脱毛とレーザー脱毛を受けることができないためにエステサロンやクリニックで断られるということも起こりえるのです。どうしても脱毛をしたい場合はニードル脱毛を行っているクリニックを探すのが良いでしょう。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編/ あごヒゲ編/ ほほヒゲ編/ 襟足うなじの毛編/ 顔の産毛編/ 眉毛・眉間の毛編/ もみあげ編/ 耳毛編/ 鼻毛編/ 背中の毛編/ 胸毛編/ 腹毛・へそ周りの毛編/ 乳首の毛編/ わき毛編/ 腕毛編/ 手の甲・指の毛編/ 太ももの毛編/ すね毛編/ けつ毛(Oライン)編/ 玉袋の陰毛編/ 竿の陰毛編/ 陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!