メンズ脱毛するなら一括払い?定額制?都度払い?どれがお得か

毛深いことが気になって脱毛をしようとエステサロンやクリニックに行くと、どうしても気になってしまうのが料金です。特にメンズ脱毛は女性よりも毛が太くて多いために処理に手間取ります。そのために料金が高く設定されているのです。しかも脱毛は美容目的と判断されるために保険の適用ができません

つまり、しっかりと料金システムを把握した上で施術を行わなければトータルでものすごい金額になってしまうことがありえるということです。ここでは、1回ずつ払うのが良いのか、定額制が良いのか、まとめ払いが良いのかなど、どういった支払いシステムがあるのかを紹介するとともに、それぞれの問題点を述べていきたいと思います。

ローンによる分割払いの危険性

先ほども述べましたが、脱毛には高額な料金がかかります。特に広い部位を脱毛する場合や、全身脱毛を行う場合などは30万~50万円以上かかる場合も普通にあります。それだけのお金を一括で払うのは大変なことです。そこで登場したのがローン払いです。

これは普通にその店に通い続け、お金を毎月支払っているうちは問題はありません。しかし、そのお店が倒産したり、お店が気に入らないからと途中で解約したりするときに問題が起こっていたのです。施術を行っている時期にお店が倒産してもローン自体は店ではなくローン会社と組んでいたためにお金だけを支払い続ける義務が残るのです。店が潰れて施術が受けられないのにローンだけは払い続ける。このようなことが実際にあったのです。

また、途中で解約するときには多額の違約金をとられることもありました。残り回数分の金額と違約金の金額が同じくらいなので泣き寝入りしたという人も多くいました。しかしこういった問題が多発するにつれて法律も改正され、現在ではこういったケースの場合は残額や違約金は払わなくても良いという形になっています。

しかし相手がローン会社だったりした場合は、それでも問題が解決せずに訴訟問題が起こったりすることがあります。

ポイント一時期に比べれば、脱毛施術料金はプチプラと思える位に料金は安くなっております。これはレーザー&光脱毛マシンの普及が深く関わっており、以前は永久脱毛を望む場合、ニードル電気脱毛という選択肢しかありませんでした。ニードル脱毛は、毛穴1本1本に針を挿入して電気を流しながら脱毛する為に、施術時間も長く掛かり、施術者(医師など)も技術と根気がいる作業になり、1部の美容外科やエステティックサロンでしかニードル電気脱毛は行われていませんでした。

また、ニードル脱毛は針を使う為に医師法に抵触する可能性があり、以前はニードル脱毛を行っていたエステサロンも、現在は殆どのサロンで美容ライト脱毛(フラッシュ&光脱毛)に切り替わっています。クリニックでの脱毛施術もレーザー脱毛マシンの普及により、美容外科のみならず、美容皮膚科といった多くのクリニックで脱毛施術が受けられるようになっております。

一括払いの危険性

そのお店の説明を受けて体験脱毛などが気に入ったために全身脱毛などの数十万円を先に一括で支払った場合のトラブルは余計にややこしくなります。全額を先に払ったのに施術が完了する前にお店が倒産したとします。もちろん施術を受けることはできなくなります。そして返金を求めることになるのですが、もしお店が自己破産手続きなどをしていると、債務が免除されてしまうためにお金が返ってこないことが多いのです。

有名な店だから大丈夫、大きい店だから安心ということはありません。かなり大規模に展開していたエステサロンが倒産したという事実もあるのです。そう考えると大金を一括で全額先払いしてしまうのは危険なのかもしれません。

ヒゲ&VIOなら一括払いもあり

脱毛施術は1回で完了する事はなく、ツルツルの永久脱毛を望む場合、どんな部位でも最低3回以上の光エネルギー(レーザーorIPL)の照射が必要になります。特に男性のヒゲやVIOは量も多く太く、毛根も根深く、剛毛な方も多い為、脱毛効果も出にくい部位です。女性でもVIO脱毛は6回以上の照射が必要な方が殆どです。

このことから、6回を基本コースやセット料金にしているクリニックや脱毛サロンも多く、男性の場合、ヒゲやVIOでツルツルの永久脱毛を望むのであれば、6回は一活払いしてもリスクは少ないはずです。一括払いが一番割引率が高く、リスクよりメリットを受けられる可能性が大きいはずです。

その都度払いが一番安全か

これは脱毛に限らずどのようなものでもそうですが、セットにしたり先に現金でまとめて払ったりすると安くなり、毎回1回ずつの分を支払うと高くなるということがあります。エステサロンなどでは「髭脱毛 1回4000円」というように1回当たりの金額を表示していて、1回ずつ施術を受けて代金を支払うというシステムがあるのです。

このシステムの最大のメリットは、無駄払いがなくなるということです。無制限に脱毛できるというので高額な料金を支払ったが、あまり行かなかった。お金を払ったが店が倒産してしまったなどということがありません。毎回施術を受けた分だけ支払うためにお金が無駄になるということがないのです。

しかしもちろんデメリットもあります。やはりセット料金などと比べると1回当たりの代金は非常に高いものになってしまうのです。1回4000円、5回コースで16000円などの料金体系になっているとすると、実際に5回受けたとしたら差は大きなものになっていることがわかります。

定額制が安心という考え方

最近増えてきたのが、「一か月に最低2回の施術を保証で月額一万円」のような定額制と言われるものです。このシステムであれば、大金を先に用意しなくても良いということと、途中で嫌になったらやめることができる、思った以上に追加料金をとられる心配がない、というメリットがあります。

定額制で予約は大丈夫?

定額制の脱毛サロンで一時期問題になっていたのが、予約が中々取れないというサロンです。これは、定額制サロンでなくとも、チケット制のエステサロンなど役務提供サービス業でよく問題になるポイントです。特にエステや脱毛施術のように、ある程度の施術時間と、主婦やOL、ビジネスマンといったニーズに偏りがある場合、平日の夕方以降や休日に予約が集中する為に、中々予約がとれないという問題が起こります。

メンズ脱毛も昨今のニーズの高まりとともに、中々予約が取れないサロンも出てきています。定額制システムや脱毛し放題&通い放題のサロンを選ぶ場合、予約はとりやすいか?確認する必要があります。

結論

脱毛の料金システムには様々な形態があり、軽く見ただけではどれが一番安いのかわかりません。表示されている金額が低くても追加料金があるかもしれません。料金が高いと思っても無制限に使えてお得だったとなるかもしれません。重要なことは「すべて必要な部分を脱毛したとしたら合計でいくらかかるか」ということです。そこをよく踏まえて、お店やコースを選ぶようにしましょう。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編/ あごヒゲ編/ ほほヒゲ編/ 襟足うなじの毛編/ 顔の産毛編/ 眉毛・眉間の毛編/ もみあげ編/ 耳毛編/ 鼻毛編/ 背中の毛編/ 胸毛編/ 腹毛・へそ周りの毛編/ 乳首の毛編/ わき毛編/ 腕毛編/ 手の甲・指の毛編/ 太ももの毛編/ すね毛編/ けつ毛(Oライン)編/ 玉袋の陰毛編/ 竿の陰毛編/ 陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめメンズ脱毛ベスト3

No.1 医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

No.2 湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら

No.3 メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!