男のメンズ脱毛・除毛・抑毛?クリームの違いわかってる?

もちろんメンズ脱毛を考えているのであれば、メンズエステサロンやメンズ脱毛クリニックに行くのが一番安全で確実です。しかしそこまでは考えていない、料金の心配があって、などで自分で行いたいという人もいるでしょう。

最近では家庭で自分で脱毛ができる道具や機器が販売されています。その中の一つに脱毛をするクリームがあります。これは塗るだけで脱毛できるという便利なものですが、脱毛クリーム・除毛クリーム・抑毛クリームの違いを説明できる人は少ないのが実際です。ここではそれぞれのクリームの違いを説明していきます。

メンズ脱毛の基本的な知識として

まず基本的なことですが、脱毛というのは毛が毛根ごと抜け落ちることを言います。しかし市販されているクリームで毛が毛根ごと抜け落ちるような効果はありません。つまり本当の意味での脱毛クリームというものは存在していないのです。

では実際に販売されているものは何か?それは除毛クリームです。タンパク質を分解して溶かす効果があるアルカリ性のクリームを毛に塗ることで、毛を溶かして除毛するというものです。毛を剃るよりも少し深い部分まで除毛することができるので、とにかく肌がツルツルになる、チクチクしない、青くならないというメリットがあります。

しかしよく宣伝されている「毛穴の奥まで入り込んで根元から処理」というのはさすがにありません。毛根まで作用することはできないので、これを行っても永久脱毛をしたということにはならず、数週間すれば毛はまた生えてきます

もう一つの抑毛クリームは、毛に塗ることで少しずつその毛を弱らせていくというものです。毛を細く、弱くしていくことでとにかく目立たなくしていくというのが目的になります。その性質上、一回使用したからといって毛がなくなるわけではなく、使用し続けていくうちに効果を発揮していくものになります。そのために途中で使用をやめてしまうとそこからは毛は元に戻っていってしまいます。

メンズ除毛クリームのメリット

この除毛クリームは使用方法が簡単で気軽に行えます。しかも剃るよりも少しだけ深く処理できるので剃ったあとが青々しくなることがありません。とにかく肌を触るとツルツルになるということが好評で、頻繁に使用している人がいます。この肌の綺麗さが何よりもメリットといえるでしょう。

メンズ除毛クリームのデメリット

しかし残念ながら除毛クリームにもデメリットがあります。この除毛クリームはタンパク質を分解して溶かすという性質で毛を処理しています。けれども人間の肌もタンパク質でできているために、この肌を傷つけてしまうのです。

特に肌が弱い人は使用しているうちから肌が熱く感じたり、ヒリヒリ痛みます。使用後も赤く腫れたり、荒れてかぶれたりすることがあるのです。使用前のパッチテストで自分が除毛クリームを使用できる肌かどうかを試してから行うのがよいでしょう。

また、何度も継続して使用していると毛穴が開いたままになって広がってしまうということもあるようです。この状態になってしまうと肌がイチゴの表面のようにブツブツになってしまいます。見た目が悪いだけでなく雑菌なども入りやすくなってしまうために好ましくありません。

さらに費用面の問題もあります。一般的なものは一つ3000円~4000円くらいです。もちろんもっと高額なものもあります。これを毎月使ったとすると年間で5万円前後にまでなってしまいます。5万円あればエステサロンやクリニックで気になる部位の脱毛を行うことができてしまいます。

ポイント除毛クリームはタンパク質であるムダ毛をアルカリ成分で溶かしています。このムダ毛を溶かす薬剤の主成分はチオグリコール酸カルシウムです。植物由来を謳っている脱毛&除毛クリームもありますが?殆どの除毛クリームは、このチオグリコール酸カルシウムのケミカル的効果でムダ毛を溶かしている訳です。除毛クリーム&ローションは結局、薬剤の効果で除毛しているので、オーガニックや植物由来という商品てあっても、お肌に優しいとは言い難く?お肌に優しかったら除毛効果が低い商品かもしれません。

メンズ抑毛クリームのメリットとデメリット

抑毛クリームは除毛クリームのように激しく肌を傷めるような成分が入っていないために肌がボロボロになるということはありません。むしろ美容効果がある成分を含んでいるために肌が綺麗になるというものが多いです。

このメンズ抑毛クリームの最大の弱点は即効性がないということです。継続して使用して少しずつ効果が出てくるものなので、すぐに処理したいという人には向いていません。使用していて効果が出る前に挫折してしまうのが多いというのがこのクリームの特徴と言えます。

メンズセルフ抑毛の定番パイナップル&豆乳ローション

除毛クリームや抑毛ローションによく配合されている植物成分がパナップルと大豆です。パイナップル成分のパパインはシステインプロチアーゼというタンパク質分解酵素の働きで除毛効果が得られるということで、除毛クリームやローションに古くから配合されています。また、大豆に含まれるイソフラボンは、植物性エストロゲンといわれ女性ホルモンと酷似した分子構造をしており、女性ホルモンと同様の働きをするのではないか?と近年、医学&化粧品業界から注目されています。

体毛は、女性ホルモンが優位になると薄くなります。この為、豆乳ローションを塗るとムダ毛が薄くなるのでは?と期待されており、除毛クリームや抑毛ローションに大豆成分がよく配合されている訳です。この他にも豆乳には、レシチン、サポニン、ビタミンB&Eといった美肌に必要な成分を含んでおり、多くのスキンケアコスメに大豆成分が配合されています。この除毛クリームや抑毛ローションによく配合されているパイナップル(パパイン)と大豆(イソフラボン)ですが、植物由来という事で、お肌に優しいのは確かですが、除毛に即効性のある成分ではないので、太いムダ毛を産毛のように細くしたい!というような気長に抑毛したい方向きかもしれません。

ポイント除毛クリームや抑毛クリームを使った後のお肌は、皮脂膜が剥がれて無防備な状態です。これは、カミソリで自己処理した後も同様です。また、脱毛行為自体が毛穴の中は炎症を起こし、毛穴単位で火傷に近い状態になっています。この状態を鎮める為に保湿ローションが必要になる訳です。脱毛クリニックやエステサロンで脱毛施術後は保湿ローションでアフターケアするのはこの為です。

除毛&抑毛クリームには保湿成分が配合されているものも有りますが、除毛&抑毛クリームの使用後やカミソリ&シャーバー、毛抜きで自己処理した後も、保湿ローションでアフターケアしましょう。アフターケアの保湿には豆乳ローションがおすすめです。除毛や抑毛効果を謳っていない安価な豆乳ローションでも保湿効果は期待できます。

男のメンズ脱毛・除毛・抑毛に関する結論

クリームの違いについてはわかっていただけたでしょうか?除毛クリームと抑毛クリームにはそれぞれに長所と短所があります。自分に目的に合わせて使いこなしていきましょう。また、自分で行ってみてうまくいかなかった場合や肌が荒れてしまった場合は迷わずに専門家に相談しましょう。

パーツ別!男のムダ毛の印象を女性100名に徹底調査!

全身のムダ毛部位別に20代~30代の女性がどういう印象を持っているかアンケート調査を行いました。また部位別に男の脱毛ありなし?メンズ脱毛は気持ち悪い?どういうイメージか?女受けするのか?も紹介!
鼻下のヒゲ編/ あごヒゲ編/ ほほヒゲ編/ 襟足うなじの毛編/ 顔の産毛編/ 眉毛・眉間の毛編/ もみあげ編/ 耳毛編/ 鼻毛編/ 背中の毛編/ 胸毛編/ 腹毛・へそ周りの毛編/ 乳首の毛編/ わき毛編/ 腕毛編/ 手の甲・指の毛編/ 太ももの毛編/ すね毛編/ けつ毛(Oライン)編/ 玉袋の陰毛編/ 竿の陰毛編/ 陰毛(Vライン)編

当サイトおすすめ髭脱毛・メンズ脱毛ベスト3

医療レーザー 男のゴリラ脱毛

年間レーザー脱毛症例数は国内TOPレベル。男性の全身脱毛、特に肛門、陰部の永久脱毛で有名。100%男性医師看護師が対応してくれるので安心。出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)がうれしい。また有効期限が無いので、怪我や仕事で通院ができなくても、お金が無駄にならない。 詳しく見る 体験談はこちら

メンズ脱毛専門店 RINX -リンクス-

日本初の医師監修のメンズ脱毛専門サロンとして全国32店舗を展開。オリジナルの脱毛機を導入し太く濃い毛でも痛みの少ない快適さ高い安全性を提供。脱毛技術・脱毛知識・肌理論を熟知した男性脱毛技能士が担当。丁寧な無料カウンセリング→髭の場合、通常1時間~1時間半。ボディだと2時間で終わる。 詳しく見る

湘南美容外科 オトコのレーザー脱毛

大手なので高いかと思いきや意外とコスパが良い。回数無制限でどんな濃いヒゲでも確実に効果を発揮してくれる。特にヒゲのみの方には非常におすすめ。全国40ヶ所以上で全額返金制度もあるので安心。初診・再診・テスト照射が無料でできる。 詳しく見る体験談はこちら
ポイント

無料カウンセリングやお問い合わせは、WEBお問い合わせフォームから行った方が履歴が残って安心確実です。



error: Content is protected !!